ブラックシャドーとは違い、遠目からでも目立つのがレッドシャドー。
水草の緑とクリアーレッド、ワインレッドのコントラストはレッドビーシュリンプとは一味違う印象だ。
現時点ではレッドシャドーの爆殖水草水槽はまだまだ見る機会が皆無であるが、今年中にはそんな光景が見てみたい。
先駆けでそんな楽しみを狙ってみるのも一考だ。
使用ソイル:Original ブリーダーズソイル(パウダー)



 
<レッドビーとはまた違った、鮮やかなレッドが映えるレイアウト>

 
<フルレッド~パンダまで、様々なタイプを一緒に飼育>


<半額>

 ブラックシャドーが鮮烈なデビューを飾ったと同時に紹介されたレッドシャドーは初弾でブラックシャドーの特異性に比べ、残念ながら軽蔑の視線を送られたのを覚えている。
特にレッドパンダがその筆頭で、案の定レッドビーシュリンプの出来損ないとか、色抜けとか・・・今となってはかわいそうな表現をずいぶんと受けたものである。


ベタ塗りの目標が統一意識だったレッドビーシュリンプの先入観からか、レッドシャドーが持つ向こうが透けて見えるワインレッドやクリアーレッドのボディカラーが、当時のシュリンプファンからすれば邪道そのものと写ったのかもしれない。
さらにパンダにあっては、目の上にホワイトバンドが入らない個体などは相当不細工に写り、変な顔に見えるからまったく見慣れるまで時間がかかったものである。
今となっては笑い話であるだろう。
さらに当時の価格である。仕入れ価格がブラックシャドーの半値であったからなおさらレッドシャドーへの注目は一歩出遅れた感があり、「まがい物」的な警戒心が生まれていたのかもしれない。
当然、台湾本国でもレッドビーシュリンプに酷似したこのシュリンプに対して、ブラックシャドー以上はもちろん、ブラックシャドーと同等の価値を見出すことに自信を持てずにいたことも当時の価格設定を見ると彼らの心情も理解できそうだ。
やはり、品種としての位置づけをレッドビーシュリンプの風変わり的な存在として捉えていたのかもしれないが、今となっては確認しても意味がない。
 現在ではじわじわとレッドシャドーの魅力が浸透しており、あとに述べるレッドシャドー特有の美点も踏まえて今後の動向に注目していただきたい。
現在ではデビュー当時の判断材料が乏しい頃にも、レッドシャドーの魅力を信じてブリーディングに従事したシュリンプファンに対して敬意の念と、レッドシャドー人気を後ろ立てしていただいことに対しての感謝の気持ちは今もって忘れられない。
「自分にはすごくキレイなエビに思える・・・」そんな当時の飼育者の気持ちは現在になってこそ有効となり、既存のレッドビーシュリンプファンに対しても新たな誘惑となるかもしれない。そんな今日この頃である。

<赤の中の黒>

 デビュー当時から気になっていたことのひとつに、赤いボディに滲むように入る黒の色素が何であるのかという疑問がある。
これはいったい何を意味するのだろうと、数人の方と議論をよんだのも記憶に新しい。
今までの先入観からすると赤と黒ではレッドビーに従い、赤は劣勢、黒は優勢となり劣勢の色素の中に優勢の黒が入るというのは、理解に苦しんだものである。
しかしながらレッドビーに趣旨が深い方からすれば、レッドビーシュリンプであっても黒の色素が浮かび上がる個体や茶ビーに対する考え方、その他含めてレッドシャドーだけの不思議な表現でないという声も、レッドシャドーを考える際に重要なヒントとなったものである。
現状ではこの黒い色素は黒ビーの因子と考えるよりもタイガー因子、つまりブラックダイヤなどのタイガー系から影響を受けた黒(青)い色素がブラックシャドーの発色を含めて、レッドシャドーにも影響した結果・・・と考えるのが妥当との考えでひとまず落ち着いている。
もしこの説を訂正しなければならない状況が起こるなら、それはシャドー発生の起源について、ビーシュリンプとタイガーシュリンプ以外の原種が絡んでいると判断しなければならないようになるはずである。
 シャドーシュリンプの出現方法には実は2通り存在する・・・なんて危険な話題で盛り上がる日が来るのかもしれない。
個人的にはタイガーシュリンプの素子とビーシュリンプの素子が反応したときに模様を打ち消しやすい反応が起こることを確認しており、その影響でシャドーシュリンプの発色と色彩パターンが出現したのではないかと考えているが、ここでは話しの方向性が違うので割愛したい。
なんにせよ、レッドシャドーの赤みの中に入る黒の染みについては個体の見所を倍化させる印象があり、清涼感あふれるクリアーレッドを主とした個体とは別に、赤地の中に黒ずみが侵食するブラッディーレッド個体のそれぞれの方向性など、ブリーダーの意識によって今後の流行も変化してゆくと考えている。
また、別項でとりあげているターコイズから出現するブラックシャドー・・・に似たような考えでレッドシャドーから出現するブラックシャドーの可能性についても考える必要があるだろう。
ただし、レッドシャドーから出現するブラックシャドーの例はここのところ話題にほとんど上がらなくなり、今となっては当時の一時的な現象なのか、不確実な要素が話題の中に存在していたのか、そのあたりの解明を望みたいところである。
個人的にはレッドシャドー同士からブラックシャドーの出現は出生が定かでない個体を交配しない限り出現する可能性はないと考えている。

 また、ブラックシャドーに対して巷で流行のビーがけシャドーからみる、
※世代重ねとともに乗算されるタイガー系因子は、ブラックシャドーの量産としては有効となるが、レッドシャドーでは、レッドビーの赤系色素をメインに取り入れたことが品種のはじまりと考え、ブラックシャドーと同様には分離が働かず、ブラックシャドーより先行で、独自の進化と出現比率の異変を遂げる可能性があると見ている。
このあたりは時間を追って取り上げたい。
(※ビーがけシャドーのヘテロ個体から出現するシャドー率を確認したところの、世代を重ねるに従い、シャドー出現率の増加を助長する因子。
ヘテロのF1よりも同F2,F3と世代を重ねることによりシャドーの比率があがる現象はシャドー表現を引き出す際に必要とされるタイガーシュリンプから引き継いだ何らかの遺伝子が乗算されるという考え方、特別項目で説明予定)

<ブラックシャドーとは違う白地>

 前述でレッドシャドーの赤みに入る黒い色素について話をしてきたが、バンドの白地についても話をしていこう。
それにはまず、別項でブラックシャドーパンダのホワイトバンドの青みについての話を少々思い出していただくことが必要となってくるかもしれない。
結論から先に言うと、レッドシャドーの白地部分には青の色彩は乗らないということになる。これは青の色素が表面化するにはブラック(青)の基調色があってこそと考えるのが妥当であるはずだからである。
言い換えるとレッドシャドーはレッドビーから引き受けた色調が基準となり、ブラックシャドーよりも関係する因子が単純(劣勢)で揃いやすいため、バンド部分の白地もブラックシャドーよりスムーズに引継ぎ(表現)されていると考えるのが順当であるだろう。

 ここから先の考え方は、今後訂正しなければならない事例となるかもしれないが、レッドシャドーの存在価値を含めて、次のステップに進めることにつながると思い、あえて発言してみたいと思う。
どんな世界でもそうだが、物事には“たたき台”が必要であり、そのたたき台を打ち出すことには勇気がいる。
そのあとにそれはいろいろな物議を呼び起こすことになったとしても、真相が具体化する助けになると考えている。
ショップやブログ、オークションやオフ会でいろいろな方が発言されているのを拝見すると当事者の思いを知ることができ、奥深いシュリンプ世界の面白さを前面に打ち出すこと、色眼鏡を通さず伝えることが重要だと思ったことにも起因する。

 レッドシャドーの存在をうまく捉えれば、ブラックシャドーよりも遺伝子の整理がつきやすく、交配後の結果に満足ゆくケースが増えるのではないかと思っている。
例えば、まだまだこれからというシャドーの日の丸やモスラ柄の固定を目指すにあたっては、レッドシャドー先行で交配を行うと、前述の視点により、日の丸やモスラへの表現を阻害するファクターが少なくなると考えられるだろう。レッドシャドー側から日の丸やモスラ表現の固定率をあげてゆき、最終的にブラックシャドーやターコイズと掛け合わせ、ブラック側にシフトさせる方法などはいかがだろうか。
特に白地にこだわる血統を目指すならなおさらだと思うが、このような案件はきれいごとに写ってしまうだろうか?それともスノー因子とタイガー因子の素子を絶妙なバランスで保っているレッドシャドーから出現したスノーライクな個体を交配に使用すべきという代案を進呈していただけるのだろうか・・・。
その話題を進める際にはスノー因子がビーシュリンプ表現をスキップしてしまう現象についても話をしなくてはならなくなるだろう。(少し話を急ぎすぎました)

 エビの世界は絶えず背と腹がとなり合わせである。この話、途中まで読みながらにして生業としては現実的でないと思われた方、ブラックシャドー日の丸ブルータイプ、モスラブルータイプを推薦されるのが無難といえるでしょう・・・。(これまたちょっと話を急ぎすぎたか)

 現在の市場環境は、ブリーディングに取り組む傍ら、出現したエビに対しての結果論を賛否の主軸としてそのまま流行に当てる趣もエビの世界では残念ながら当然となっているのかもしれない。(意味不明っぽい表現だがわかる人にはかなりウケていただけるはず・・・)

 これからシャドーシュリンプに興味をもって始められる方、もしくは最近始めてから情報を収集される方にはこのような話題、好奇のネタになったとしても、ブリーダーや専門店にとっては目の上のたんこぶに写るような話題となってしまうかもしれない。

 流行をさらに盛り上げる際には“ある程度の情報”で抑えておくのが丁度いい・・・というのが最終的な意見と捉えつつも、中途半端な意見を述べては、“青二才”のレッテルを貼られかねない・・・。
またまた話がずれてしまって申し訳ないが、こういった話はさまざまな視点からの意見を表明してゆきたいという入口として理解していただければ幸いである。
先ほどのレッドシャドーで固定率を上げた後、ブラック側にシフトの一件では、“お金”や“時間”の含みを省いて「納得」を目指したアプローチと考えた次第である。
もしも実行されて良い結果が出た場合は、ブリーダーとしても敬意を評され、共感されるシュリンプファンの需要を得るはずである。
かわりに結果に結びつかなかった場合は、掛け合わせに使用した個体に“忘れ物”があったのかもしれないと考えていただければ本望である。
それ以外に不満がでるのなら、不満の原因はその前提になる“ビジネスライク”の含みが根底にあるということで話を元に戻したい。(なんのこっちゃ?)

<ブラックシャドーへの色彩干渉>

 続編へ続く。

<単純にキレイじゃない?>

 もしもレッドビーよりも・・・  続編へ続く。



<噛むほどに味わい深く...>

 レッドシャドーがエサに群がる光景。
ブラックシャドーはもちろん、色調が似ているレッドビーともやはり雰囲気が違う。
店頭で見るのと、自分の水槽で見るのとはさらに違う・・・
個体ごとの変化はある意味ブラックシャドーのそれと<大きく違うと思ってしまうのは自分だけだろうか・・・



<こだわり。自分流。>

 以前の人気からすると急激に需要が高まっているレッドパンダ。
やはり日の丸やモスラ柄に向けての関係も否定できないだろう。
それ以外にもさまざまな方向性を見つけられるはずだ。
ちなみに写真の個体は“逆Vバンド”。
細かいかもしれないが、自分の水槽に入る個体に 理由を見つけてみるのも趣味として大切なことだとおもうのだが・・・。