ここに来て人気がぐっと高まっているブラックパンダに絞って飼育した例。
“ターコイズ血統”というパンダからターコイズやうまくいけば日の丸パターンが出現する個体群。
繁殖に成功したときの期待も大きく、注目度が高い。
ただし、様々なパターンが出現した際には区分けするための水槽が別にほしくなるのがネックである(笑)。
使用ソイル:Original ブリーダーズソイル(パウダー)



 
<鮮やかな色彩のモスsp.プレミアムグリーンを使用>

 
<立体的なレイアウトをすることで、色々な角度から観察が出来る>


<やじろべえ的>

 シャドーグループを考えるにあたって、パンダの存在は非常に重要である。とくに遺伝と向き合う際にパンダの比率や表現を追及すると、次第に見えてくることが多いからである。
パンダタイプを取り巻く情報や認識はいままでかなり低かったのが残念である。
まあ、それはそれでいろいろと理由があるのであるが・・・。
理由を考える上でまずはレッドビーを例にとってみよう。
レッドビーシュリンプを選別せずに繁殖を繰り返したなら次第にバンド個体が多くなるのは、周知のとおりである。

さらには赤の色彩は保たれやすく、鮮やかな白地は無選別飼育では欠落しやすい向きもあるがあくまでも表現パターンが様々な個体を混同飼育した場合の動向と理解していただきたい。
具体的には赤いバンド模様は白地の面積増加に対して優性でありモスラタイプは淘汰されてゆくのである。
(中略)4バンドより3バンドがさらに優性など、長きに渡ってレッドビーシュリンプが改良されてきたとおりである。

 さて、話戻ってシャドーシュリンプ、とくにパンダタイプについて進めてゆきたい。
デビュー当事よりパンダタイプの理解が深まらなかったのは、前述のレッドビーシュリンプの先入観がシャドーパンダの理解度を遠ざける結果になってしまったから・・・とも言い換えられるだろう。
パンダシュリンプの重要性にここで気づけばかなりのマニア!いかがだろうか?

 通常パンダタイプはビーシュリンプと同様に考えた場合、模様的に優性だから系統維持は簡単に思えるはずで希少性も薄く感じるだろう。
しかし現実には無選別状態で飼育を続けると、ほとんどの場合一年後にはキングコングやフルブラックのほうがパンダタイプに比べて個体数が増えているはずである。
通常であればパンダのほうが優性に思いがちだがここにそもそもの落とし穴がある。
優劣でいえば実際には フルブラック > キングコング > パンダ となるからである。
一見フルブラックシャドーはブラックダイヤのフルカラー個体(ストライプが優性)に対する劣性の先入観やレッドビーではモスラタイプのソリッド白地の劣性イメージ感が介入し、ブラックシャドーのフルブラックを勝手に劣性と理解しがちとなる。
またデビュー当時にはビーシュリンプとタイガーシュリンプの累代が進行せずに流通されており、ビーシュリンプ因子の影響が現段階のシャドーより強く影響していたからフルブラックが少なかったと考えてよいだろう。

 現段階ではブリーディングにおけるシャドーのフルブラック化はインブリードを繰り返せばディスカスのソリッドブルーのように次第に比率が高まると考えてよいだろう。
もちろん、パンダやキングコングの固定率を上げるべく、それらも選別を繰り返してゆけば各々の固定率も上がってくるだろう。
最低でも2世代以上、3世代目での固定率を確かめた上で、タイプ別のシャドーシュリンプの血統が歌われるようになってくるべきである。

 さて、そろそろ話の方向性が見えてきた方はかなり鋭いはず。
つまり単調なブリーディングを繰り返されてゆけば、ブラックシャドーの流通量は次第にフルブラック寄りとなりキングコングでも白の面積は少なくなってゆき、背中にちょこんとワンポイント的なフルブラック寄りの個体が多くなる可能性が高くなるはずである。
そうなってくると次のステップに進みたくなるのもシュリンプファンの性であろう。
このような事情を含んでか、現にパンダの必要性や注目度は一年前とは別物である。その人気の延長線上には現在、まだまだ流通量と固定化が難しいとされるシャドーの日の丸、モスラへの関心もパンダ人気を助長し、ブリーダーが美しいパンダを必要としている状況もすべてではないにしろ、その一環にある。(これも今後いろいろありそうではあるが)
シャドー日の丸やモスラの名前を出すと急に介入したくなる方もいるかもしれないが、その場合順当にパンダやターコイズの掛け合わせについてじっくりと話をしないといけなくなりそうだ。
それより先にビーがけシャドーについての整理をすべきと考えている。

 さて、それでも現状ではパンダもキングコングもフルブラックも同様に流通しているから面白い!別にパンダが少数しか流通していないわけでもない。
なぜだろうか・・・。
ひょっとするとすでにどこかではパンダの因子がきっちり整って固定されているブリーダーがたくさんいるのかもしれない。(フルブラック化に向く影響因子を取り除いたパンダが存在)と期待したいものであるが、いやいや、それ以外にも原因があるはずである。

 上記でも少し触れてしまったが、パンダタイプの流通が安定しているのには現在交配されている流行にも原因があるようだ。
シャドーシュリンプ流行も進行するに伴い、当然ターコイズシュリンプの人気も上がる。その流れでターコイズとブラックシャドーの交配頻度が上がってきたのが原因の一つとして考えられる。
シャドーの日の丸やモスラという難易度の高い系統を作出しようとスノー因子(ターコイズ)を取り入れたシャドーが増えているのもパンダ流通量を保つ結果になっているはずという考えである。
ターコイズとブラックシャドーを交配すれば必然的にパンダの比率があがる場合がほとんどで、青みを帯びたバンドのパンダはその影響もあるかもしれないという流れまで出ている。
ここででてきたバンドが青みがかるパンダについてはこのあと紹介したい。

 さらにもう一つ原因が考えられる。ビーシュリンプやスノーホワイトと交配した、ある意味戻し交配的なビーがけシャドーの流通量が前述してきたパンダ寄りの個体を増産させている理由と考えるのが妥当だろう。(もう少し説明を砕かないとわかりにくいかもしれないが)

 シャドーのパンダタイプはこういった市場の状況から偶然にも安定を保っているやじろべえ的な存在と考えている。
個人的には美しいパンダの群泳がとても魅力的に感じる次第である。
シャドーの日の丸やモスラの固定に向けてのパンダの位置づけについては、また別の項目で取り上げたい。
(ビーシュリンプ、スノーホワイトとの交配遺伝も説明することになりますので)

 さて、最近話題によくあがってくるホワイトバンドが青みがかるブラックシャドー(パンダ)についてわかっている範囲で説明したいと思う。
このような個体をここでは文面上表記しやすいので“ブルーパンダ”としておこう。
いきなり結論で申し訳ないが、現状でこのブルーパンダ、良し悪しを決定するのは難しいと考えている。そのことを考える材料に少し例を挙げてみよう。

・そもそもブラックシャドーが出現したからターコイズが出現した。
・ブラックシャドーは認めてもターコイズは認めない。
・ターコイズは色彩が濃い個体が上物で白が強い個体はグレード的には格下。

・・・とどのつまり、ターコイズを認めたファンはブルーパンダを肯定すべきで否定派は純白バンドのパンダを推薦することになるだろう。
普通はこんなところでいいだろうが、ここで放置してしまうとまた違う問題が起こってくるから大変である。ビーシュリンプよりも争点が多いのはどうしてだろうか。

 シャドーグループに向き合ってキャリアのある方には周知のとおりであるはずの、成熟した親個体や抱卵個体はブルーパンダ的な形質が後発的に現れやすいことを気にかけられているかもしれない。
このような形質はターコイズシュリンプではさらに表面化しやすく、通常時よりも抱卵個体の青みが濃いケースが多いのはターコイズファンからすればご存知のはず。
ひょっとするそうではないケースも存在するかもしれないが、そのあたりは今回の話から少しズレてしまいそうなので割愛したい。
(まあ、このことは別の品種から応用すれば、例えばレッドビーシュリンプのメス個体の白地が抱卵時にはより美しく現れる個体と、色抜けしやすい個体とでは、原因を追究するにおいて「個体か?」「血統か?」という話になるのと同じ流れではないかと解釈したい。
それでもまだ話を前にすすめれば、レッドビーの白地の美しさ=ターコイズの白み となり
青みが白みに対して色抜けにあたるのかどうか・・・と混乱を招くことになるのを避ける意味合いもある。)

 パンダのバンド地を考える上では当面、ターコイズの魅力を語る項でも類似の件だが、最終的には
・終始水質による影響にも白地が美しく抱卵時やメス個体でも純白に近いバンドの血統を目指す(まさにパンダ!かわいい!!)
・終始水質による影響にもよほどのことがない限りブルーバンドが強烈に表現され、インパクトのある血統を目指す(青と黒のエビ、厳つ過ぎる、カッコいい!!)

となってくるように思う。目標を持ってブリーディングに取り組み、第三者が納得する血統を作り上げたいものである。

 また、ブルータイプとは別にバンドの入り方やテール部分の特徴、そして脚のパターンにも注目されると新しい展開が見えてくるはずである。

 それにしてもパンダの人気が劣性であった今から1年以上前から、ひたすらにパンダの有効性について語ってきた結果が今になって公になり、キングコングやフルブラックと対等にシャドーの魅力を深めることにつながってよかったと感じている。




<コントラストが美しいブラックパンダ>

 ホワイトテールの個体はターコイズや日の丸などの個体が出現しやすい
一つの外的判断材料として重宝している。そのほかには・・・
このあたりの話題にはとりあえず距離をとっておきましょう。
単純にパンダのコントラストは見ていて飽きません。
眼の部分にきっちりとラインが入った個体を推薦したい。



<白地に青味が強く出たカッコ良さ>

 何かと話題の日の丸やモスラパターン。
白地部分の青みも強く、特有の迫力にノックアウトされるかたも少なくない。
今後じっくりと日の丸やモスラ系のパターンについては話を進めてゆきたいと考えている。
特に固定率や出現比率についての話は慎重にすすめないと、現状でなかなか流通量が増えない事情も含めて複雑になるだろう。